FX投資

FXの基礎知識、通貨ペアの重要性

外国為替で取引されるFXは、通貨ペアが非常に大事になります。
大事な通貨ペアを考えずにトレードすると、勝てたはずのものが負けてしまい、もったいない取引となります。
きちんと運用できれば利益に大きく繋がり、大儲けも夢ではありません。
今回は、通貨ペアの重要性について、ご紹介していきましょう。

通貨ペアとは?

通貨ペアとは2種類の通貨を組み合わせることを言います。
例を挙げると、アメリカの通貨となる、日本の通貨となる米ドルと円を使って取引することです。
市場ではこの組み合わせは「米ドル/円」と表記されます。
他の国の通貨では、ユーロ、ポンド、スイスフランが日本円と組み合わせることができる通貨ペアです。
通貨ペア次第でFXの儲けは大きく変わり、為替の上がり下がりでも変わってきます。

通貨ペアには、利益がでやすい通貨の組み合わせがあります。
特に、取引が多い通貨ペアであれば、世界中の人がその通貨ペアに注目しているため、市場が大きく動きやすいです。
その結果、大きな儲けは出やすく、動きが多いので分析もしやすいのです。
取引が多い通貨ペアは、「ユーロ/米ドル」、「米ドル/円」、「英ポンド/米ドル」が多いです。
上記の3つは全世界でのシェア率が非常に高く、全て10%以上ものシェア率で取引されています。
日本の円が使える「米ドル/円」は、日本の多くの人がメインにしている通貨ペアです。

初心者はあまり良くない通貨ペアを選択している

FXで勝つためには通貨ペアが非常に重要です。
しかし、通貨ペアを良く知っていない初心者は取引量の多い通貨ペアにまで目を置くことがありません。
日本人の多くはギャンブルのように、何となくFXに手を出している人が多いです。
そのため、真剣に考えて取り組む人よりも、運に任せてFXを運用している人が多い傾向にあります。
しかし、何の分析もなしにFXで勝てるわけではありません。
FXにはトレードルールがあり、ギャンブルのように運だけでは儲けが出ません。
きちんと利益を出す方法を模索すれば、必ず努力が実を結びます。

通貨ペアの違いによって、値動きは大きく違います。
動きが大きくても下落率の高い通貨を選んでしまうと、損する金額が多くなります。
いかに大きく利益を出すかは大事ですが、損する金額を少なくする考えは勝てるFXに繋がりやすいです。

Continue Reading
FX投資

FXに役立つ口コミを上手に活用して行う投資術

年金事情や社会経済が不安定な昨今、FXや投資という言葉を聞く機会は増えています。

一般的に知られている通称FXですが、その名称はForeign Exchangeを略したもので、それは、外国為替証拠金取引のことを意味します。ドルやユーロなどの外国通通貨を売り買いし、その差を利益にする商品の事で、その行為(利益を得る為に出資する事)を投資と言います。

またインターネットの普及により、一般人でも比較的簡単に365日24時間どこに居ても世界中の経済の動きを観察・推測出来るようになったのも、これらの流行を後押ししている要因と言えるでしょう。

一言で投資と言っても色々な種類があり、証券(債権)を購入し証券の価値が上がった時に売却して利益を得たり、証券を保有している事で決まった期間に配当金を獲得できる株式投資や投資信託、証券(債権)、更に住宅を他者へ貸し出したり、転売したりして利益を得る不動産投資などがあります。

当然、これらには金銭が大きく絡んでくるため、常に損得が付きまといます。口コミでもよく見かけますが、投資はよく「賭け事」だと思い込んでいる場合があるのですが、しかし決してギャンブルではありません。

投資結果の損得などは、ギャンブルのように「運」でどうにかなるものではないでしょう。
株式投資やFXなどで良く聞く一瞬で損をした(資産を失う)というのは投資ではなく、投機と言われる行為です。投資し、その後、投機と呼ばれる判断を選択した結果、損をしたにしか過ぎません。賭け事と同じで大損するというのは、本来の投資という言葉の意味が大きく誤解されて伝わっていると言えるのです。
本来長期的な投資対象物の成長・利益を推測し、その推測に見合った出資をする行為の事なのです。

では、極力損を出さずに収益を上げるためにはどうするか、という事になります。それには次々と変わる経済の動きを適切に予測し、どう動いたら損を出さずに済むか正しく判断をしなければなりません。
しかし僅かに空いた時間で投資をする個人の知識・情報収集力には限界があり、また多くの人はこのような経験も少なく、状況判断に困ってしまう事が多くあります。

そこでFXに役立つ口コミ情報などを活用する事をおススメします。
ネットには様々な人がいて、その人たちは様々な経験を積んでいます。当然、自分には無い知識を有している人もたくさんいます。その色々な人達の知識や経験を上手く吸収し有効活用して、よりリスクの少ない安全な投資活動をしましょう。

Continue Reading
FX投資

FXを始める資金のオススメ

FXの運用する金額は人それぞれで、何となくこれくらいあればという気持ちで始める人がたくさんいます。
しかし、適当に資産運用を始めてしまうと、真剣にFXと向き合えず様々な問題が出てきます。
今回は、FXを始めるための適正金額をご紹介していきましょう。

自分の管理できる金額で始める

投資初心者の方は、資金があればあるほど大きな利益が出やすいと思う傾向にあります。
しかし、用意する資金が多いほど損をしてしまう確率が高くなります。
投資では損切りが大切です。
軍資金が多いと、損切りをせずに「まだ手放すには早い」、「これから伸びるはず」と余裕が出てしまいます。
そのため、何回か負けても問題ないように感じてしまい、損をする回数は多くなります。
また、「次こそは勝てる」というように、同じ方法でチャレンジするため勝てるトレードになりにくいのです。

少なすぎても本気でFXに取り組めない

先ほどの内容から、資金は少ない方が良いのだと考えられますが、資金が少なすぎるのも良いトレードは行えません。
多くのFX市場では1万円あれば取引ができます。
しかし、その取引で負けてしまっても、失う金額が少ないため、落ち込むことはほぼないでしょう。
また、負けても「続いて取引すれば勝てるだろう」という気持ちをうんでしまいます。
このようないい加減な気持ちでFXをしてしまうのは、良くありません。
トレードでは常に集中力や真剣さが大切です。
常に集中力を持っていることで、どんな時も判断力を失わないです。
FXの損益はタイミングによって大きく変わります。
勝つためには、タイミングを逃さない判断力は非常に大事なのです。

良いとされるスタート資金

FXには本気になれる金額以上、無駄遣いしない金額以下の資金が必要になってきます。
その金額は運用資金の他に、所持している資金によって大きく変わります。
自分がきちんと管理して運用できる金額でFXを始めましょう。
オススメできる金額は30万円~50万円の資金です。
30万円では、万が一負けてしまっても再起できない金額ではありません。
立ち直ることができる金額なので、30万円はオススメです。

FXでは、資金を多く持ちすぎても上手く運用はできません
ただし、資金が少なすぎても取引に真剣に向き合えないでしょう。
自分に合うスタート金額はそれぞれですが、今回ご紹介した金額で始めてみてはいかがでしょうか?
資金が足りない、資産運用が不安と感じたら、投資顧問にお願いしても良いでしょう。
口コミで評価の良い雅投資顧問では、初めての方にも利用しやすく、親切で丁寧な対応に安心できます。

Continue Reading